健康な体づくりへ「太極拳」 喜多方でフェス、現役選手が指導

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
太極拳の基本などを学んだ参加者

 第15回太極拳フェスティバルは23日、喜多方市の喜多方プラザで開かれ、参加者が太極拳を通して交流の輪を広げた。

 同フェスティバル実行委員会の主催。太極拳で健康な体づくりを目指そうと毎年開いている。養生功、カンフー体操、太極拳の講習会には、現役選手らが講師として参加し、基本動作などを指導した。

 集団演武交流会では、県内外の11団体が日ごろの成果を披露。太極拳講師斎藤志保選手とカンフー体操講師荒谷友碩選手がペアを組み、双人太極拳を国内で初めて披露したほか、元世界チャンピオン孔祥東さんが模範演武をした。