大島小、喜多方二中が制す 小・中学校将棋団体戦福島県予選会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 将棋の文部科学大臣杯第14回小・中学校団体戦県予選会が24日、福島市の福島民友新聞社で開かれ、小学校の部で大島(郡山市)、中学校の部で喜多方二(喜多方市)が優勝した。

 福島民友新聞社、日本将棋連盟県支部連合会、産経新聞社の主催、日本将棋連盟県庁支部の主管。1チーム3人で小学校の部に7チーム、中学校の部に6チームが出場、予選リーグと決勝トーナメントで争った。

 優勝チームは7月26日に東京都で開かれる東日本大会に本県代表として出場する。

 大島小6年の阿部太観君(11)は「東日本大会では県の代表としてできるだけ上を目指す。まずは1勝したい」、喜多方二中1年の菊地一輝さん(12)は「小学校時代は全国2位だった。力を出し切り優勝したい」と意気込みを語った。