一般住宅向け地中熱システム、低コスト化に成功 新技術を開発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日大工学部(郡山市)と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は25日、一般住宅向け浅層地中熱利用システムの低コスト化技術を開発したと発表した。従来の地中熱利用システムの導入コストに比べ40%減、運用コストは10%減と、大幅なコスト削減を見込んでいる。

 新技術は、地表から20メートルより浅い場所に設置する浅層地中熱利用システムの低コスト化を図るもので、これまでは熱交換器を埋めるための穴を深く掘る必要があるため、掘削コストが大きいことが課題だった。

 今回は熱交換器で使う鋼管を回転させて地中に埋める回転埋設工法を開発。埋設作業と熱交換器設置作業を同時に実施できることが特長で、排出される土がないこともコストダウンにつながっている。

 また運用コストが低減される技術として、複数の地中熱交換器と冷暖房室内機を連携制御するヒートポンプシステム制御技術も開発した。

 開発技術の検証は、同市の同学部再生可能エネルギー共同研究施設や葛尾村の実験場で実証設備を構築し行った。開発には、同市の日商テクノ、住環境設計室が協力した。