摘果でクマ被害防ぐ 福島・飯坂温泉花ももの里で400本

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
摘果に汗を流す参加者

 飯坂温泉観光協会(畠隆章会長)は27日、福島市飯坂町の花の名所「飯坂温泉花ももの里」で、ハナモモの果実を取り除く摘果作業に汗を流した。

 観賞用ハナモモの果実は食用に適さないが、実ったまま放置しておくとクマなどの野生動物に荒らされる恐れがあることなどから、毎年実施している。

 同協会の会員や職員ら約20人が参加。約400本の木に実った青い果実を一つ一つ丁寧にもぎ取り、色とりどりの花が咲き誇る来年の春に思いをはせた。