いわきで火を使わずに炊き出し訓練 「アルファ化米」で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アルファ化米にお湯を注ぎごはんをつくる参加者

 いわき市の内郷地区民生児童委員協議会第2方部は26日、同市総合保健福祉センターで6月定例会を開き、火を使わずに水だけで炊くことができる「アルファ化米」の炊き出し方法に理解を深めた。

 今定例会のテーマは災害時での委員の活動と対応。実際に非常食による炊き出しを体験しようと行った。同方部の委員ら25人が参加した。

 下綴女性消防クラブが協力し、部員2人が炊き出しに必要な道具などを紹介しながら、アルファ化米の炊き出しを実演した。

 「アルファ化米は水で約1時間、お湯だと約20分で出来上がる」と参加者に特徴を説明した。

 委員らは協力しながら、米が入った専用の袋の中にポットで沸かした湯8リットルを入れるなどして手順を確認していた。