県南地方で「はしか」確認 外国人女性、福島県内4年ぶり感染

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県は29日、県南地方の医療機関から、はしかの感染届け出があったと発表した。感染したのは20代の外国人女性で、入院しているが症状は軽いという。県内ではしかの感染が確認されたのは2014(平成26)年以来4年ぶり。

 県によると、女性は11日、仕事のため東南アジアから単身で日本に入国。18日に発症した。入国前に感染していたとみられる。複数人と接触しており、県は接触者の健康状況を観察している。ウイルスの潜伏期間は10~12日という。感染すると発熱やせきなど風邪のような症状が表れ、まれに肺炎や脳症などの合併症を引き起こす可能性もある。

 はしかは非常に感染力が強く空気感染、飛沫(ひまつ)感染、接触感染などで感染するが、予防接種で免疫が得られる。本県では14年に4人、13年に1人、12年に7人の感染報告がある。