笑顔あふれる場所「ここなら笑店街」 楢葉町民生活支える施設

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テープカットでここなら笑店街のオープンを祝う関係者

 楢葉町の復興拠点「笑(えみ)ふるタウンならは」内に6月26日開業した公設民営の商業施設「ここなら笑(しょう)店街」のオープニングセレモニーが30日、同施設で行われ、関係者が町の復興と町民の生活を支える施設の門出を祝った。

 松本幸英町長が「町民の笑顔があふれる場所になるよう、今後も協力をお願いしたい」と式辞。内堀雅雄知事、吉野正芳復興相、武藤容治原子力災害現地対策本部長が祝辞を述べた。松本町長と内堀知事らが記念植樹とテープカットを行った後、施設内の店舗が一斉に開店。来場者が買い物や食事を楽しんだ。

 式典後はオープン記念イベントを開催。本宮市出身の三瓶さんらによるお笑いライブが繰り広げられたほか、野菜などの販売ブースや子ども向けの体験コーナーなどが設けられ、家族連れらでにぎわった。

 同施設には、ホームセンターやスーパー、飲食店など、10店舗が入居している。