「羽鳥湖ウオーク」来てね! 天栄で21日、PRポスター完成

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大会をPRする天栄村のマスコットキャラクター「ふたまたぎつね」

 21日に天栄村で開かれる「なつの天栄2018羽鳥湖高原ウオーク」の実行委は、大会のPRポスターを作成した。16日まで参加者を募集している。

 福島民友新聞社、天栄村などでつくる実行委の主催。羽鳥湖畔を巡る12キロ、7キロの両コースがあり、今回3キロコースを新設した。

 集合・スタート地点は道の駅「羽鳥湖高原」。受け付けは午前8時30分から、開会式は同9時30分からで、スタートは同10時となる。参加料は一般700円、中学生以下500円で、当日参加は200円増し。

 申し込みは、往復はがきに住所、氏名、年齢、性別、人数、電話番号、希望コースを明記して、郵便番号960―8648(住所不要)福島民友新聞社事業局「羽鳥湖高原ウオーク」係へ。福島民友新聞社のウェブサイトからも申し込める。問い合わせは福島民友新聞社事業局(電話024・523・1334)へ。