ベジフルコーディネーター委嘱 伊達、食農教育活動を展開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
萩原常務(前列中央)と委嘱を受けたベジフルコーディネーター

 JAふくしま未来伊達地区(萩原嘉昭常務)は1日までに、食農教育に取り組む職員を「ベジフルコーディネーター」に委嘱した。

 農産物の産地振興や消費拡大を目指し、食に関する活動を展開する。任期は1年。

 ジュニア野菜ソムリエや食育ソムリエ、栄養士、調理師などの資格を持つ職員を委嘱した。イベントでの試食振る舞いやレシピ提供を通して、食と農の大切さについて情報発信する。

 委嘱状交付式は伊達市の同地区本部本館で行われ、萩原常務が委嘱状を手渡した。委嘱を受けたのは、ベジフルコーディネーターの趣旨に賛同する「アシストコーディネーター」を含め15人。