泉藩と湯長谷藩の戊辰戦争解説 いわき・平安会が歴史講座

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
田仲さんの講話に聞き入る参加者たち

 幕末に磐城平藩を治めた安藤家家臣団の子孫でつくる平安会は2日までに、いわき市生涯学習プラザで「いわき戊辰戦争歴史講座」を開いた。参加者が当時の古文書に基づいた歴史の解説に聞き入った。

 全3回のうち今回が2回目。同会が出版している書籍の製作に協力しているいわき歴史文化研究会員が講師を務めている。

 今回は市文化財保護審議会委員の田仲桂さんが泉藩、湯長谷藩で繰り広げられた戦いについて解説した。

 田仲さんは、古文書の内容を紹介しながら、新政府軍の攻撃を受けた際の住民たちの動きなどを詳しく解説した。