本宮で「ひょう」、一部地域で降る 大きいもので500円玉ほど

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県本宮市で2日夕、集中的な降雨があり、同市の一部地域でひょうが降った。

 市役所周辺などでは、大きいもので500円玉ほどのひょうが午後5時20分ごろから約10分間にわたり降り続いた。同市の住民(73)は「打ち付けるような音で、こんなに大きなひょうは初めて」と話した。

 郡山北署本宮分庁舎によると、大雨やひょうでのけが人は、なかったという。