1100人が華やかな『舞』 郡山ユラックス熱海でスポーツ民踊大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
息の合った踊りを披露する出演者

 福島県スポーツ民踊連盟(大内嘉明会長)は1日、郡山市の郡山ユラックス熱海で第37回県スポーツ民踊交歓大会を開き、出演者が息の合った舞を披露した。福島民友新聞社などの後援。

 県内約60支部から約1100人が出演し、「福島音頭」や「嫁入り舟」などを華やかに踊った。

 開会式では、満80歳以上で現役で活動している会員52人に「いきいき長寿健康賞」が贈られた。福島民友新聞社から菊池克彦執行役員郡山総支社長が出席した。