幸楽苑、既存店客数7カ月ぶり100%超え 新たな主力商品好調

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 幸楽苑ホールディングス(HD、郡山市)は3日、6月の既存店客数の前年比が単月で100.4%となり、7カ月ぶりに100%を超えたと発表した。4月に新たな主力商品として投入した「鶏豚濃厚合わせダシ 新・極上中華そば」(390円、税別)の売り上げが好調に推移したことなどが要因としている。新・極上中華そばは6月末に300万食を突破した。

 同HDは今月、おいしさの追求を目的に、客の声を集めるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)モニターキャンペーンを展開する予定。