総合図書館で「いわきの戊辰戦争その1」 五つの場面を解説

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
企画展の内容について紹介する夏井芳徳館長

 いわき総合図書館は10月28日まで、いわき市の同図書館で企画展「いわきの戊辰戦争その1―平潟上陸から湯長谷城の戦いまで」を開いている。いわきの戊辰戦争を各場面に応じた資料やパネルで紹介している。

 いわきの地で戦いを繰り広げた磐城平藩と泉藩、湯長谷藩、奥羽越列藩同盟と薩摩藩などの新政府軍の戦いをテーマに取り上げた。

 第1弾の今回は「新政府軍の平潟上陸」「九面の戦い」「泉城をめぐる戦い」「小名浜の戦い」「湯長谷城の攻防」と五つの場面で構成。それぞれの戦いを解説するパネルや、史実を裏付ける古文書を展示している。

 同図書館の開館時間内(平日午前10時~午後9時、日曜・祝日午前10時~午後6時)に無料で見ることができる。問い合わせは同図書館(電話0246・22・5552)へ。