「ビーチスポーツ」体験 29日、相馬・原釜尾浜海水浴場でフェスタ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
参加を呼び掛ける昆さん(左)と宮崎さん

 相馬市の原釜尾浜海水浴場が東日本大震災後8年ぶりに再開されることを受け、同海水浴場で29日、県内の中学、高校生を対象とした「2018ビーチフェスタin相馬」が開かれる。東京都とアスリート会議の主催で、福島大人間発達文化学類スポーツ企画演習受講生が主管する。県ビーチバレーボール連盟の共催。

 東京五輪の公式種目であるビーチバレーボールや3×3バスケットボールなどの体験を通じて五輪やビーチスポーツへの関心を高めてもらおうと開催する。ビーチバレーボールと3×3バスケットボール、スタンドアップパドル、フレスコラケットスポーツの体験を行う。トップアスリートによる講習会も開く。

 参加無料。24日まで申し込みを受け付けている。ビーチバレーボールは4~6人制、3×3バスケットボールは3~5人制。スタンドアップパドル、フレスコラケットスポーツは誰でも参加可能。

 同大人間発達文化学類3年の昆佳代子さん(21)と宮崎古都さん(20)は4日の大学定例記者会見で参加を呼び掛けた。