福島医大「成人看護学領域」新設 成人患者さまざまな状態対応

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島医大は5日、大学院看護学研究科(修士課程)に「成人看護学領域」を新設し、来年度入学の大学院生を募集すると発表した。小児や老年と比べて患者数の多い成人のさまざまな状態に対応した看護学を学ぶ。

 従来のがん看護学、家族看護学、老年看護学、精神看護学、母性看護学、小児看護学、地域看護学に続く8番目の領域として設置する。救命救急や外傷への対応などを学ぶ。

 募集人員は8領域で10人程度。現役の看護師などが対象。秋期選抜試験の出願期間は10月2~9日。試験日は同20日。来年に冬期選抜試験も行う。

 今月28日午後2時から郡山市労働福祉会館で、8月4日午後1時30分から福島市の同大で、それぞれ入試説明会を開く。