「ふるさと納税」福島県596件 前年度比111件減も総額上回る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県は6日、2017(平成29)年度の県ふるさと納税「ふるさとふくしま応援寄付金」への寄付は596件で、総額3201万3278円だったと発表した。前年度比で111件減ったが、金額は156万4759円増加した。

 県によると、東京都の個人から高額の寄付が1件あったため、金額は前年度を上回った。件数の減少については、返礼品のある他自治体に注目が集まったことなどが要因とみている。

 寄付金の使途は4分野あり、17年度分の内訳は「自然環境の保全」101万8398円(15件)、「次世代育成支援」1312万3367円(86件)、「本県の活力増進」68万4673円(25件)、「おまかせ」1718万6840円(470件)だった。

 総務省の集計が個人のみが対象なのに対し、県の集計は個人と法人など団体からの寄付を含めた数字となっている。