「ミスピーチ」甘~ぃ!福島県産桃PR 福島の卸売市場で競り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
桃の出荷時期を迎え行われたPRイベント=6日午前、福島市公設卸売市場

 全農県本部は6日、福島市公設卸売市場で県産桃「日川白鳳」の競りを行い、県産桃の消費拡大をPRした。

 毎年桃の出荷時期に合わせて行われており、県産果実の情報発信に取り組むミスピーチキャンペーンクルーや市場関係者が参加した。競りでは、旬を迎え出荷が本格化した「日川白鳳」(特秀16玉入り、5キロ)に10万円の高値がついた。

 全農県本部の猪股孝二本部長は「今年もおいしい桃を県内外の皆さんに届けられるように頑張っていきたい」とあいさつした。

 今年の桃は雨が少ない影響で小玉傾向だが甘みが強いところが特徴となっている。主力の「あかつき」は8月上旬ごろに出荷のピークを迎える予定。

 ミスピーチが抱負

 ミスピーチキャンペーンクルーは6日、活動が本格化する桃のシーズンを迎えたことから福島民友新聞社を訪れ、抱負を述べた。9人が訪れ「生産者の愛情が詰まった福島のおいしい桃を笑顔でPRしたい」などと意気込みを語った。