ミスアース福島県代表・佐々木海帆さん「福島の魅力発信したい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
鈴木副知事を表敬した佐々木さん(中央)と堀江さん(右)

 世界規模のミスコンテスト「ミス・アース・ジャパン」福島大会でグランプリを受賞し、全国大会に出場する田村市滝根町出身の佐々木海帆(みほ)さん(21)=日本女子体育大4年=は5日、県庁を訪れ、鈴木正晃副知事に「福島県の魅力を発信していきたい」と語った。

 ミス・アース福島大会は5月、北塩原村で初開催。佐々木さんは「ミス・アース・ジャパンは知性と美を通して環境問題や地域活性化に尽力する活動をしている。ファイナリスト7人で福島県のために環境保全活動やPR活動していきたい」と語り、鈴木副知事は「復興に向かう姿を日本全国、世界にアピールしていただきたい」と激励した。

 全国大会は23日に東京都で開かれる。ファイナリスト7人の一人で事務局マネジャー・講師を努める堀江結佳さん(26)=福島市出身=も一緒に訪れた。