喜多方でボート体験、生徒交流 米・ウィルソンビル使節団

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ボートこぎに挑戦するウィルソンビルの生徒(中央)ら

 喜多方市と姉妹都市を結ぶ米国・オレゴン州ウィルソンビル市の高校生使節団は6日、喜多方市高郷町の荻野漕艇場を訪れ、地元の中学、高校生とスポーツを通して交流した。

 両市は1988(昭和63)年に姉妹都市を締結し、中、高校生の相互受け入れを継続して行っている。今回はウィルソンビル市の使節団9人が3日から13日まで喜多方市に滞在する。

 使節団の生徒は喜多方市の高郷中の生徒とボート競技に使うトレーニング機器を使ったゲームで体を動かした。同市の喜多方と耶麻農両高の生徒らとは5人で乗るボートに乗った。使節団の生徒はオールの使い方を教えてもらいながら、スムーズにボートが進むと笑顔を見せた。