「酪王カフェオレ」が人気 東京『ミデッテ』で恒例のフェア

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
酪王カフェオレや関連グッズが人気を集めたフェア=東京・日本橋ふくしま館「ミデッテ」

 酪王乳業(郡山市)は7日、東京・日本橋ふくしま館「ミデッテ」で恒例のフェア「福島→日本橋 酪王カフェオレINミデッテ」を開いた。乳飲料「酪王カフェオレ」や限定品の関連グッズが首都圏の消費者に喜ばれた。

 4種類のシリーズ商品をはじめ、柏屋(郡山市)と共同開発した「カフェオレロール」や「カフェオレシュー」など酪王カフェオレの風味を引き出した菓子類やパンが並び、訪れた人たちが次々と買い求めた。

 もち処木乃幡(南相馬市)の主力商品「凍天」のミニサイズに酪王カフェオレのソフトクリームをトッピングしたスイーツが首都圏に初登場。酪王カフェオレのパッケージデザインを生かしたトートバッグやタオル、Tシャツなどのグッズも人気を集めた。

 ミデッテでは、通常時も酪王カフェオレや酪王牛乳、カップアイスなどを扱っており、売れ行きも上々だという。鈴木伸洋専務は「首都圏にも酪王カフェオレのファンが増えている。少しずつ販路を広げていきたい」と手応えを語った。