富岡の小・中学校「屋根付きプール」完成 児童ら待望の水遊び

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
真新しいプールを楽しむ児童ら

 今春7年ぶりに地元で授業を再開した富岡町の小、中学校の屋根付きプールが9日、完成した。プール開きが行われ、児童、生徒が待望の水遊びを楽しんだ。

 屋根付きプールは25メートルコースを5レーン設け、水深は1.1~1.3メートル。雨天時も利用できることから、原発事故の影響で心配される夏場の運動不足の解消につなげようと、町が昨年10月から小、中学校の校舎となっている富岡一中の敷地内に整備を進めてきた。プールを整備中の楢葉町の楢葉南、楢葉北両小と楢葉中の児童、生徒も利用する。

 落成式が現地で行われ、生徒代表の女子生徒(中学2年)が「仲良く元気にプールを活用したい」とあいさつした。水着に着替えた子どもたちは真新しいプールに入ると、歓声を上げていた。