ほおずき市...願いが『実れ』 夏の会津風物詩、浴衣姿も鮮やか

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
市民らでにぎわった「ほおずき市」=10日午後、会津若松市

 会津の夏の風物詩「ほおずき市」は10日、会津若松市の大町通りで開かれ、五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛、家内安全などの願いが「実る」ようにと、赤く実ったホオズキを買い求める人々でにぎわった。

 会津鉄道が開通し、会津と東京・浅草がつながったことを記念し、同市の田中稲荷神社の大祭日と同じ10日に開催される浅草のほおずき市にあやかり1985(昭和60)年ごろから始まった。

 露店には色とりどりの江戸風鈴などが付けられたホオズキがずらり。浴衣姿の来場者とともに通りを鮮やかに彩っていた。