国道4号で56歳男性はねられ死亡 横断中、51歳運転の乗用車に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 11日午前2時20分ごろ、矢吹町の国道4号で、白河市、左官業、男性(56)が、千葉県市川市、無職、男性(51)の乗用車にはねられた。56歳男性は全身を強く打ち、約2時間後に死亡が確認された。白河署が原因を調べている。

 同署によると、56歳男性が道路を横断していたところ、51歳男性にはねられたとみられる。 現場は横断歩道のある十字路交差点。