トラックなど自動車盗被害「3億円」か...容疑の男女10人逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 本県や栃木県などでトラックやスポーツカーなどが盗まれた広域窃盗事件で、本県警と栃木県警の合同捜査班は11日までに、盗みなどの疑いでいわき市、建設作業員、容疑者男(43)=窃盗罪で公判中=ら本県の5人を含む計10人を逮捕、送検した。

 捜査班は東北、関東の7県で計154台、約3億円相当の被害があったとみている。県内ではいわき市や県南地方を中心に約70台の被害があったとみられる。

 送検容疑は、2015(平成27)年1月~18年2月までに、トラックなどを盗んだ疑い。

 捜査関係者によると、43歳容疑者男らは資材置き場などに駐車中のトラックなどを工具で解錠しエンジンをかけ、偽造したナンバープレートを付け替えた後、そのまま運転して盗む手口を繰り返していたという。盗んだ車を埼玉県などで別グループに引き渡し、1台当たり10万~100万円の報酬を得ていたとみられる。