南会津でお神酒の仕込み開始 22日「会津田島祇園祭」開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
お神酒の仕込み作業を行う御党屋組の関係者

 南会津町田島で22日に開幕する会津田島祇園祭で、参拝者らに振る舞うどぶろくのお神酒の仕込み作業が11日、同町の田出宇賀、熊野両神社拝殿で始まった。

 作業には、両神社の氏子で今年の祭りを取り仕切る東町の御党屋(おとうや)組の関係者らを中心にお神酒を仕込んだ。同町の国権酒造で下ごしらえをした後、神社拝殿で仕込みおけに酒母、水、こうじ、ふかした米を入れ、手でかき混ぜ、おけにしめ縄を張った。お神酒開きは21日に行われる予定。