まろやか「雪室熟成日本酒」販売 猪苗代の酒店で蔵出し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
雪室から運び出される熟成酒

 猪苗代町磐根字中西野の酒店「リカーショップうかわ」は12日、雪室で熟成させた日本酒の蔵出し作業を同店で行った。13日から同店で販売する。

 酒は室温2度、湿度約90%に保たれた雪室で保管され「熟成」していた。蔵元・稲川酒造店(猪苗代町)の「特別純米無ろ過原酒」の3月に入れた1200本と、昨年3月に入れた「2年もの」240本を蔵出しした。試飲した宇川久作代表(80)は「口当たりが柔らかく味はまろやか。ゆっくり味わってみてほしい」と話した。特別純米無ろ過原酒の生酒と一度火入れしたものを1980円、2年ものを2100円で販売する。全て税込みで720ミリリットル。問い合わせはリカーショップうかわへ。