収穫期の「モモ」盗難防止 福島・飯坂2地区でパトロール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
モモ畑を見回ったパトロール

 収穫期を迎えたモモを盗難から守ろうと、福島市飯坂町湯野、東湯野両地区で12日、「くだもの盗難防止広報パトロール」が始まった。広報車が地区内の畑を巡回し、警戒に当たる。

 JAふくしま未来飯坂東支店で出動式が行われ、約50人が参加した。山田正夫湯野地区防犯協会長、五十嵐賢吉同JA福島地区本部長、金沢幸生福島北署長が「生産者が丹精して育てたモモを守るため、協力をお願いしたい」などとあいさつ。式後、山田会長ら関係者が広報車に乗ってパトロールに出掛け、地区内のモモ畑を見回った。