東北フリーブレイズ選手とプレー 猪苗代・長瀬、緑小で「夢授業」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
フロアボールを楽しむ選手と児童ら

 アイスホッケー・アジアリーグの東北フリーブレイズの選手らは10、11の両日、猪苗代町の長瀬小と緑小で「夢授業」を開き、児童に夢を持って努力する大切さを伝えた。

 夢授業はアイスホッケー競技の普及や楽しさを伝えるのが目的。このうち、11日に開かれた緑小では、1~3、6年生児童約40人が参加した。人里茂樹、樫野善一の両選手が夢や目標を持って努力する大切さや経験を語った。児童はフロアボールを体験し、選手と一緒にボールを追い掛けた。