水の大切さ学ぶ 元五輪女子競泳・萩原さん講師、大越小で特別授業

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
萩原さん(右奥)から水の大切さを学んだ児童たち

 田村市の大越小で13日、特別授業「水ケーション」が行われた。子どもたちが水の大切さを学んだ。東邦銀行の主催。

 子どもたちに森林などの環境について考えてもらう授業。同校の4、6年生計約60人が参加。森林セラピストの小野なぎささんが森林の役割について説明した。

 学校のプールでは、元シドニー五輪日本女子競泳代表の萩原智子さんが講師を務めた。萩原さんは海外を訪れた経験を話し、プールで泳ぐことができる素晴らしさを強調。児童たちと水遊びしながら、上手に泳ぐこつを伝えた。