タイムスリップ...懐かしの『昭和』 喜多方レトロ横丁にぎわう

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
昭和を思い出すレトロな看板と派手な衣装と軽快な音楽で会場を盛り上げる「ちんどん屋」=14日午後、喜多方市・ふれあい通り商店街

 懐かしい昭和時代にタイムスリップした感覚が味わえるイベント「第14回喜多方レトロ横丁」が14日、喜多方市のふれあい通り商店街で始まり、来場者らはレトロな雰囲気に浸っている。15日まで。

 会津喜多方商工会議所の主催。会場には昭和を感じられる昔遊びなど50以上のイベントを用意し、市民らの手作りの七夕飾りのトンネルが来場者を出迎えている。

 来場者らは昔遊びのほか、昭和の夜を象徴するディスコ体験などを楽しんでいる。日本酒の飲み比べコーナーも設けられた。お化け屋敷、ミニ機関車には大勢の観光客が列を作り、夜には仮装行列が行われ、花火も打ち上げられた。

 最終日は昭和歌謡、大道芸の披露や青空プロレスなどが行われる。時間は午前9時~午後4時。