戊辰戦争・激戦地から考える『平和』 白河で歴史家ら特別講演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
戊辰戦争に対するそれぞれの考えや思いを披露する(左から)加来さん、山本さん、鈴木市長=白河市・白河文化交流館コミネス

 白河戊辰150周年記念事業「甦(よみがえ)る『仁』のこころ 特別講演」が15日、白河市で行われ、歴史家の加来耕三さんやNHK・BSプレミアム「偉人たちの健康診断」で知られるNHKアナウンサーの渡辺あゆみさんらが登壇した。来場者が戊辰戦争の意義を再考しつつ、日本の平和な未来について思いを巡らせた。

 加来さんは「明治維新まさかの深層」の題で講演し「これまでの歴史の知識を疑い、もう一段深く白河口の戦いなど戊辰戦争を考えてほしい」と訴えた。渡辺さんは親族に本県出身者が多いことを紹介しながら「住民らを巻き込み、激戦の舞台になった白河。それでも東西両軍の戦死者を敵味方なく埋葬した心優しい地域」と、見つめ直すべき「仁」の心を説いた。

 その後、講演した2人と大河ドラマ「八重の桜」の脚本を手掛けた山本むつみさん、鈴木和夫白河市長を加えてのシンポジウムが行われた。山本さんは「東北で何があり、東北の復権を願い脚本を書いていた」などと「八重の桜」に対する思いを語った。鈴木市長は幕末に勘定奉行など幕府の要職を歴任した小栗上野介を例に挙げ「江戸時代を土台にして明治時代あり、幕府にも優秀な官僚がいた。戊辰150年は今後の地方、国造りを考える機会にしたい」などと考えを述べた。

 加来さんの講演を聴いた郡山市の会社員、男性(38)は「当時の世界情勢が戊辰戦争に影響を与えていたなんて」と新たな発見に驚いた様子。白河藩の武士が先祖という東京都の女性(23)は「新選組が好きで参加した。これを契機に史跡などを巡りたい」と刺激を受けていた。