さいたまで会津の魅力PR 若松と協定、会津産品コーナー常設へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大勢の買い物客が会津産品を手にした物産販売会

 14日に会津若松市とさいたま市の連携協定締結式が行われた「イオンモール浦和美園」(さいたま市緑区)では、15日まで会津をPRする多彩なイベントが開かれ、さいたま市民らが会津の魅力に触れた。

 物産販売会では会津清酒、喜多方ラーメン、会津漆器などが並び、大勢の買い物客が足を止めて商品を手に取った。

 会津の伝統工芸品「赤べこ」の絵付け体験も人気を集め、子どもたちが筆を握り、花やハートなどお気に入りの図柄を描いた。

 同店では協定締結を記念して今後、会津産品を販売する常設コーナーを設置するという。