協調融資で「日本料理店」 鈴木さん創業者第1号、白河に開店

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
日本料理すずきを開店した鈴木さん。手前はちょい飲みセット

 福島県白河市弥次郎窪に今月、日本料理すずきがオープンした。白河信用金庫と日本政策金融公庫が実施する創業者向け協調ローン「はくしんダブルサポート」を活用した創業者第1号で、店主の鈴木則男さん(50)は「お客さまのためになる店にしていきたい」と話している。

 鈴木さんは今春まで西郷村のホテルに勤務、料理部長を務めた。「いつかは自分で店を出したい」との思いから、独立を決意したという。

 これまでの経験を生かして豊富なメニューを用意している。ランチでは各種定食で総菜が食べ放題となるほか、居酒屋メニューとなる夜は、ビールや焼酎に季節の前菜5点盛が付く「ちょい飲みセット」がお得という。

 時間は昼が午前11時~午後2時30分、夜は午後5時~同9時。