福島県産酒や特産品PR まるごと西郷館で「青空バル」初開催

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
本県の日本酒などが提供された青空バル

 福島県西郷村のまるごと西郷館で15日、日本酒をはじめとする本県の特産品を提供する「青空バル」が開かれ、多くの家族連れらでにぎわった。

 同館が6月にオープンしたのを機に、東北の南の玄関口となる同村で福島の物産をPRしようと、実行委と村農業公社の主催で初めて開催した。

 会場では、県内各地から10の酒蔵が出展し、全国新酒鑑評会で史上初となる金賞受賞数6年連続日本一になった本県の日本酒を提供。シューマイやピザ、スイーツなどの多彩な飲食物も販売された。

 また、キャンドルづくりなどのワークショップや、パトカーの乗車体験などさまざまなイベントが行われ、来場者が楽しいひとときを過ごした。