五穀豊穣願い「稚児田楽・風流」奉納 いわき・御宝殿熊野神社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
稚児田楽を奉納する子どもたち

 いわき市錦町の御宝殿(ごほうでん)熊野神社の例祭は16日、同神社境内などで行われ、国指定重要無形民俗文化財「稚児田楽・風流(ふりゅう)」が奉納された。

 稚児田楽は五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えから収穫までの農耕神事を儀式化したもので、子どもによる田楽は全国でも珍しいという。

 田楽童子に扮(ふん)し、境内の常設舞台などで舞ったのは錦小の児童8人。2人がカラスとウサギが描かれた露払いを振り、6人が古典楽器のびんざさらを「ザラッ、ザラッ」と鳴らしながら、「総めぐり」「親と子の取替え」など5種類の舞を披露した。