主人公役に平工高OB飯田さん 映画「それぞれのヒーローたち」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 高校野球に打ち込む球児2人の青春と生きざまを1人の女性の目線を通して描く、映画「それぞれのヒーローたち」の主人公の高萩文孝の青年期役が、平工高軟式野球部OBの飯田悠仁(本名山下諒)さん(21)=Coalaプロモーション合同会社所属=に決まった。映画を製作する事務局が発表した。

 映画は日本フルーツアートデザイナー協会が中心となって製作している。

 これまでヒロイン役がオーディションで決まっており、今回、東京都内で行われた追加オーディションで飯田さんが選ばれた。

 飯田さんは同校軟式野球部で副主将として活躍。国士舘大進学後は硬式野球部で、主に投手としてプレーした。

 現在は俳優を志し、芸能事務所に所属している。飯田さんは「多くの人に勇気や感動を与えられるように頑張りたい」とコメントした。

 映画は、1983(昭和58)年に全国高校軟式野球選手権大会で準優勝した平工高の投手高萩文孝さんと、同校硬式野球部の若林亨さん(現いわき海星高野球部監督)がモデル。

 当時の軟式野球部マネジャーで、同協会代表の高梨由美さんの実体験から球児の栄光や挫折などを描く。高梨さんは映画のプロデューサーも務めている。

◆野球経験者と観客役を募集 

 事務局は、エキストラを募集している。高校生役の野球経験者と全国大会決勝シーンでの観客役。日程は31日~8月2日、高校生役の野球経験者は同3日まで。撮影時間は各日とも午前7時30分~午後0時30分ごろ。

 問い合わせは事務局の日本フルーツアートデザイナー協会(電子メールinfo@fruit‐art.com)へ。