刀剣の魅力堪能 会津若松で連携講座「日本刀鑑賞会」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
日本刀を手に取り、じっくりと眺める参加者

 ふくにし・けんぱく連携講座「日本刀鑑賞会」は15日、会津若松市の福西本店で開かれ、参加者が刀剣の魅力を堪能した。

 会津若松まちづくり株式会社、刀剣文化研究所解紛塾信夫会の主催。約50人が参加した。

 参加者は講師を務めた刀匠の藤安将平さん(福島市)の解説を聞きながら、日本刀を手に取り、じっくりと眺めた。