南相馬の文化に感動! ペンドルトン訪問団、野馬追観覧へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
南相馬市を訪れた訪問団員ら

 南相馬市の姉妹都市、米オレゴン州ペンドルトン市からの訪問団は18日、市役所に門馬和夫市長を表敬訪問した。訪問団は30日まで市内の一般家庭にホームステイし、相馬野馬追の観覧や地元高校生との交流などを通して同市の歴史や文化を学ぶ。

 両市は2006(平成18)年から相互派遣交流を行い、訪問団が同市を訪れるのは震災後4回目。今回は引率者1人とペンドルトン市の高校生6人が訪れた。

 門馬市長は「震災から7年たつ南相馬の状況を見て、発信してほしい」と歓迎した。団員のサム・アトリッジさんは「南相馬の文化の美しさに感動している。歓迎してくれてありがとう」と語った。引率者のジョーダン・マクドナルドさんが門馬市長に記念品を贈った。