20日は「土用の丑の日」 ウナギで猛暑を乗り切るスタミナ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
手際よく焼き上げられるウナギのかば焼き=19日午後、福島市・味処大番竹林亭

 20日は「土用の丑(うし)の日」。福島県内の飲食店には、猛暑を乗り切るスタミナをつけようと、ウナギのかば焼きを求める客が訪れている。

 福島市松浪町の「味処大番竹林亭」は、愛知県三河一色産の国産ウナギ1匹を使った「うな重」と、ウナギを半分にした「うな梅重」、1匹半の「特うな重」を提供している。

 今年は連日の暑さもあってか、予約数は例年の1.2倍ほど。調理場では職人が熟練の手つきで、秘伝のたれにくぐらせたウナギを次々に焼き上げ、香ばしい匂いを漂わせていた。