東京五輪で福島の食材を 都内で商談会、バイヤーらにアピール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県産農林水産物を首都圏の流通業者などに売り込んだ試食商談会

 2020年東京五輪・パラリンピックを契機とした福島県産農林水産物の消費や販路の拡大に向け、県は19日、東京都のホテルで試食商談会を開き、選手村への料理提供が有力視される首都圏のケータリング会社などのバイヤーらに県産食材の高い品質をアピールした。

 商談会は、県や県内市町村、JA福島中央会、全農県本部、県漁連などが6月に発表した新たなプロジェクト「ふくしまプライド。フードアクション宣言」の第1弾となる事業。流通業者や小売店、総菜・弁当の製造販売業者、ホテル関係者ら参加した約400人に、県内30の生産団体や事業者が県産食材を売り込んだ。

 サッカー日本代表の専属シェフとしてワールドカップ(W杯)ロシア大会に帯同した西芳照さん(広野町在住)が会場でライブキッチンを披露し、県産食材のPRに一役買った。