聖光学院、福島商に15-2「12連覇」 夏の高校野球福島大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―福島商】1回表聖光学院1死満塁、先制の2点適時打を放つ五味=いわきグリーンスタジアム

 第100回全国高校野球選手権記念福島大会は22日、いわき市のいわきグリーンスタジアムで決勝が行われ、第1シード聖光学院が15―2で第2シード福島商を下し、全国の地方大会で戦後最多を更新する12連覇で15度目の夏の甲子園出場を決めた。

 聖光学院は1回1死満塁から五味卓馬、星歩志の連続適時打で3点を先制。福島商はその裏、阿蘇航新の中前打で1点を返した。聖光学院は3回、須田優真の本塁打で1点を追加。福島商も渡辺烈也の適時打で1点を加えたが、4回に聖光学院の横堀航平が右中間を破る2点適時三塁打を放ち6―2とリードを広げた。

 聖光学院は7回、須田の適時二塁打や五味の2点本塁打など打者一巡の猛攻で一挙6点を追加。8回に1点、9回にも2点を加えた。

 全国大会は8月5日、兵庫県の甲子園球場で開幕する。組み合わせ抽選会は同2日に行われる。

 【7月22日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・最終日