郡山・寿泉堂病院Aクラス、経営の質認証 東北医療機関で初取得

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市の寿泉堂綜合病院は23日、医療機関の継続的な経営の質向上への取り組みを評価する日本版医療MB賞クオリティクラブ(東京)の認証制度「クオリティクラス認証」で、最上位Sクラスに次ぐAクラス認証を取得したと発表した。同クラブによると、Aクラス認証を取得したのは、東北の医療機関で初めて。

 クオリティクラス認証はプロフィール認証、Aクラス認証、Sクラス認証の3種類。継続的な経営の質向上に取り組み始めたことが認められた段階で、その医療機関を「プロフィール認証」病院として3年間にわたって認証。その後、経営品質報告書の作成などを経て審査を受け、高レベルでの患者満足や職員満足の実現などが認められた病院について、Aクラス、Sクラス認証として認証する。

 同病院は、医療機関としての組織能力や戦略計画などの活動結果が認められ、Aクラス認証となった。授賞式は9月、東京で行われる。寿泉堂綜合病院は「患者のニーズを的確に捉え、医療システムの強化を進めていきたい」と話した。