地下水排出の井戸「集水井」準備始まる 喜多方・高郷の地滑り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
集水井の掘削準備に向けて作業を進める作業員=23日午後、喜多方市高郷町揚津

 県は23日、喜多方市高郷町揚津地区で、地滑りの原因とされる地下水を恒久的に排出する井戸「集水井(しゅうすいせい)」の掘削準備を始めた。24日に本格的な作業に入る。

 県によると、集水井を設置するのは地滑り現場の北側。23日は掘削に必要な機材を搬入し、掘削予定地1カ所を約1メートル掘り、準備を進めた。