夜間の玄関...無施錠か いわきの殺人、家人生活に詳しい可能性

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市の民家で21日に高齢女性の遺体が見つかった殺人事件で、民家の玄関の鍵は夜間でも施錠されておらず、1人で暮らす家人の女性(83)=同市=の生活に詳しい人物による犯行の可能性が高いとみて、いわき中央署の捜査本部が調べていることが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査本部は、遺体は連絡が取れず、行方不明になっている83歳女性とみてDNA型鑑定を行い、身元の特定を急いでいる。近所の住民が女性方を訪れた20日午後7時ごろから、遺体が発見された21日午前10時40分ごろにかけて、女性が殺害されたとみて調べている。

 また、捜査関係者によると女性は玄関を入ってすぐ左の居間で殺害された可能性が高いとみられる。関係者によると女性は居間に常時布団を敷いていて、居間で寝ることもあったという。捜査本部は現場検証を行い、犯人の侵入経路や殺害までの経緯などを入念に調べている。

 女性は何らかの凶器で顔を何度も殴打され、殺害されたとみられる。死因は顔面打撲による脳損傷。