女優・中嶋朋子さん無料朗読会 福島で8月5日、倉本聰さん企画展同時開催

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 名作ドラマ「北の国から」の蛍役で多くの人の心をつかんだ女優中嶋朋子さんを招いて福島民友新聞社が8月5日に開く「中嶋朋子朗読会」の詳細プログラムが決まった。

 とうほう・みんなの文化センター(福島市)で好評開催中の展覧会「森のささやきが聞こえますか―倉本聰の仕事と点描画展」と同時開催で、朗読会は無料。

 中嶋さんは蛍を22年間にわたって演じ表現力に磨きをかけた一方、朗読やナレーションにも意欲的に取り組んできた。今回の公演では、まず、本県ゆかりの名作として高村光太郎作「智恵子抄」、草野心平作「蛙の歌」を、優しくしなやかに読み上げる。

 また倉本さんが富岡町をテーマに描いた点描画「夜の森 桜はそっと呟(つぶや)く」に添えた詩を、ゲストの詩人和合亮一さん(福島市)と2人で朗読。和合さんも自作「詩の礫(つぶて)」などを披露、中嶋さんのトークショーにも出演する。

 開場は午後1時、開演は同2時。問い合わせは福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334)へ。

◆日時 8月5日午後2時から(開場・午後1時)

◆場所 とうほう・みんなの文化センター(県文化センター)福島市春日町、電話(024・534・9191)

◆入場無料、全席自由

◆プログラム ▽1部:中嶋朋子さん朗読(高村光太郎作「智恵子抄」、草野心平作「蛙の歌」)▽2部:和合亮一さん朗読(「詩の礫」、「木にたずねよ」)▽3部:中嶋朋子さん、和合亮一さんの共演(倉本聰作「夜の森 桜はそっと呟く」)▽4部:中嶋朋子さんトークショー(ゲスト・和合亮一さん)

◇主催 福島民友新聞社

◇大清プロダクション創立30周年記念事業