コラボ商品8月に発売 ふくしま満天堂と広島・八天堂

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来場者に振る舞われた国見ももバーガー

 県が創設した6次化商品ブランド「ふくしま満天堂」とパン製造販売「八天堂」(広島県三原市)のコラボ商品が26日、発表された。県産品を使ったスイーツバーガーやカレーパンで、8月上旬以降、県内の道の駅など3カ所で販売される。発表会が同日、国見町の道の駅国見あつかしの郷で開かれた。

 商品は県産農産物と、八天堂の看板商品「くりーむパン」や「100時間カレーパン」を組み合わせた。

 道の駅国見で町産トマトを使った「100時間カレーパン国見トマト&チーズ」と、町産モモを使った「国見ももバーガー」、道の駅伊達の郷りょうぜん(伊達市)で市産モモを使った「伊達ももバーガー」、セデッテかしま(南相馬市)の「もち処 木乃幡」で県産もち米を使った「100時間カレーパン木乃幡コラボver.」が販売される。

 商品は発表に合わせて発売される予定だったが、八天堂が西日本豪雨で被災したため延期となった。発売日は後日、発表される。

 発表会では畠利行副知事が「全国に誇れる商品となることを期待している」とあいさつした。