「廃炉資料館」11月開館 富岡の旧エネ館改修、現状など伝える

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
実寸大の原子炉断面を床のLEDビジョンで紹介するコーナー

 東京電力は27日、富岡町の国道6号沿いの「旧エネルギー館」を改修し、国内外から訪れた人に原発事故の事実と廃炉事業の現状などを伝える「廃炉資料館」を設置すると発表した。今年11月末に開館予定。大倉誠東電常務執行役員・福島復興本社代表が県庁で会見し、施設の概要を示した。

 東電によると、廃炉資料館は2階建て、展示面積は約1900平方メートル。全電源喪失に始まり、事故の進展、冷温停止に至るまでの経過を紹介するコーナーや、廃炉作業の現場を「見える化」する形で伝えるコーナー、廃炉の安定化策を伝えるコーナーなどを設ける。

 具体的には、事故直後の福島第1原発の中央制御室の様子をドラマ仕立ての再現映像で紹介するほか、廃炉・汚染水対策で汚染水の循環が分かるプロジェクションマッピングの導入、実寸大の原子炉の断面を発光ダイオード(LED)ビジョンで表現する施設などが検討されている。

 原発事故のコーナーは、「記憶と記録」「反省と教訓」が基本概念。会見で、大倉代表は「原発事故の記憶と記録を残し、二度とこのような事故を起こさないための反省と教訓を社内外に伝承することは東電が果たすべき責任の一つ」と説明した。県が双葉町に開設予定のアーカイブ拠点施設などとの連携についても言及した。

 富岡町の宮本皓一町長は「廃炉作業を含め原発の状況を随時確認できることは町民の安全・安心につながる」とコメントした。