頑張れ!ダルライザー 白河のご当地ヒーロー、初スポンサー契約へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
地域の活性化に向けて握手を交わす金田社長(右)とダルライザー

 白河市のご当地ヒーロー・ダルライザーは8月1日、同市を中心に総合物流業を展開する昇栄(金田昇社長)と初めてのスポンサー契約を結ぶ。

 「市民を守るため、何度でも立ち上がる等身大のヒーローと会社の基本理念が重なった」。

 金田社長は2017(平成29)年に上映が始まった「ライズ ダルライザー ザ・ムービー」を観賞した際、スポンサー契約を決めたという。

 同社は今後、ダルライザーが進める映画館運営、PR活動を支援するとともに、ダルライザーは同社の社内イベントやリクルート活動などに参加する。契約は1年。

 同市のスズマツ写真館で26日、広報用の写真撮影が行われた。金田社長は「白河の活性化につながると信じている。プロモーションビデオなども思案中だ」、ダルライザーは「活動の幅が広がる。白河の情報発信はもちろん、社員の方には心の活気を届けたい」とそれぞれ思いを語り、固い握手を交わした。

 スポンサー契約などについての問い合わせは、ダルライザープランニング(電話0248・21・5336)へ。