「大輪の花」1万発、県都の夜空彩る ふくしま花火大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県都の夜空を大輪の花で彩ったふくしま花火大会=29日、福島市

 第40回ふくしま花火大会は29日、福島市の阿武隈川と松川の合流地点にある信夫ケ丘緑地で開かれ、約1万発の花火が県都の夜空を彩った。

 当初は28日の開催予定だったが、台風12号による天候不良のため29日となった。「未来への飛び立ち~元気あふれるふくしまへ!」をテーマに、大迫力の尺玉や豪華なスターマインが次々と夜空に舞い上がった。

 2020年東京五輪野球・ソフトボール競技の同市開催に向けたカウントダウン花火も打ち上げられた。

 実行委によると、約18万人が見物した。大輪の花が咲くたびに歓声が上がった。